おいしいお水が飲める。

こんにちは、折角のバレンタインデーなのに窓の外は雨です。

...別に出かける予定は無いんですけどね。

雨といえばウォーターサーバーをレンタルして送られてくる天然水も水道水も元は雨なんですよね。

でも雨自体には何のミネラル分も含まれていませんから何の味もしませんし健康に良いというわけでもありません。

健康に良い水、おいしい水というのは雨が地上に降った後地質層や岩石層などの狭い隙間に染み込んでいってカルシウムやマグネシウムなど色んなミネラル成分を吸収したもののことをいいます。

このように時間をかけてミネラルウォーターへと成長した元雨水は、採水されて不要な物質を綺麗に取り除かれて各家庭へと運ばれていくのです。

業者によりろ過方法は異なりますが、何処の業者も衛生面にはとても気を使ってくださっています。

ですからウォーターサーバーが自宅にあれば水道水とは比べ物にならないくらい綺麗でおいしいお水がいつでも飲めるんです。

美味しいと感じる味は人それぞれですのでこのお水なら絶対に美味しいとご紹介できるわけではないのですが、お水を一番美味しいと感じられる温度というものがあるそうですよ。

ぬるくても冷たすぎてもダメ。そういう時は自分の体温よりも25度低いお水を飲むと「美味しい」と感じられるそうです。

ウォーターサーバーの冷水の平均温度は約5度。

人間の体温の平均は36度くらいですからちょうどいい温度にするには少し時間を置いた方がいいのかも?

個人的には5度でも十分美味しいと感じるんですけどね。

ちなみにお湯の温度は大体90度に設定されています。

カップラーメンなどは作れない事は無いのですがあまり向いてはいないそうで、それよりもお茶を作るのに最適な温度のようです。

ミネラルウォーターの消費量

外国では水道水を飲むことが禁止されていて、ホテルに泊まる際などは飲料水の入ったボトルがサービスとしてお部屋に置かれていることも多いんだそうです。

一方、日本の水道水は綺麗で、飲んでもなんら支障が無いというのは国によって保障されています。

ですが、水を綺麗にするために入れられている塩素が水道管の中の不純物と化合して有害物質になる恐れもありますし、カルキ臭がきついという問題もあります。

カルキ臭がきついと飲みづらいという人も多くいますし、料理やお茶の味も損なうことになってしまいます。

それにウォーターサーバー業者で取り扱われてることの多いミネラルウォーターは、ダイエットや健康にも効果的とされていますのでたくさんの人に好まれているんです。

ミネラルウォーターは全世界で約1260億リットル消費されてるといわれていて、日本では輸入量、生産量、消費量が年々増加してきているそうです。

ですが、ミネラルウォーターの消費量はその国の経済状況や文化に大きく作用される要素を持っていて他国との消費量を比較すると日本の消費量はヨーロッパのたった10分の1でしかなく、まだまだ水道水が安全で十分飲み水として通ると考えている人の方が多いようです。

衛生面でも健康面でもウォーターサーバーをレンタルしていた方が良い事はいっぱいあると思うんですけど、まだまだ全体にその良さが伝わっているわけではないんですよね。

自宅にサーバーがあることでお湯を沸かす手間を省くことができるというのも魅力の一つといえるでしょう。

赤ちゃんのミルクやカップラーメンなど利用用途は様々です。

サーバーにかかる電気代も大抵1000円前後で、レンタル料が無料の業者も存在します。

水は配達してもらえるので、いちいち重たい思いをしてスーパーやコンビニに買いに行く必要が無いというのもいいですよね。

料理とウォーターサーバーのつながり

料理と水とは非常に深い関係があります。煮るとき、蒸すとき、炊くとき、焼くとき、ゆでるときすべてに水を使います。ウォーターサーバーで宅配されるおいしい水を料理に使ってみてはいかがでしょうか。あたらしい喜びに出会えるかもしれません。

日本料理には軟水の水が合うといわれています。現存するウォーターサーバーのレンタルサービスで宅配される水のほとんどは軟水です。軟水の水は口当たりがまろやかで、香りをひきたたせる効果があるのです。日本の料理は味だけでなく香りや見た目も大事にする文化ですので軟水が最適といっていいでしょう。それもそのはず日本の多くの土地でとれる天然水が軟水だからです。その土地でそだった料理ならばやはりその土地の水が合うということですね。また軟水は赤ちゃんのミルクを作る時に良いとされています。赤ちゃんは非常に敏感なのでミネラルが多い硬水などを飲むと体調がくずれたり、肌が荒れてしまったりしてしまいます。

一方硬水ですがパスタには硬水が合うといわれます。おいしい店などでゆでる時に使われる水は硬水である場合が多いようです。もともとパスタはヨーロッパの料理ですから、ヨーロッパで多い硬水が合うのもまた必然ですね。もし興味があれば硬水でパスタを作ってみてはいかがでしょうか。

このほかにも飲料水でコーヒー、紅茶、日本茶などがありますが、これも軟水が合うといわれています(イギリス人の場合硬水が合うとされる場合が多いようですが)。軟水は香りをひきたて、味がまろやかになりますので、コーヒー、紅茶、日本茶、どれにでも合うでしょう。やはり育った土地が関係してきますが、日本人ならば軟水が合うと感じる場合が多いようです。

先日友達のT君が「ウォーターサーバーを大阪でレンタルするならどこがいいかな?」と聞いてきました。私の答えは「アルピナウォーター」でした。なんといっても安いのが売りなアルピナウォーターは私もレンタルしています。

水道水

現在では多くの家庭用ウォーターサーバーのレンタルも普及し、いまやアルピナウォーターは大人気ですね。家庭でミネラルウォーターなどを飲む機会が多くなりました。ウォーターサーバーが普及する以前にもコンビニやスーパーでミネラルウォーターを買う機会も多くなったと思います。これらが普及する原因として水道水の問題があげられると思います。日本の水道水は世界的にみても群を抜いて安全と言われてきました。しかし時代がかわり工業用水の問題、河川の汚染などにより水道水はどんどん汚されていきました。そして今水道水は十分に浄化されているとは言えないのです。そしてどんどん水道水離れが起こっていきました。

日本では水道水を消毒するために塩素が使われます。もちろん塩素も人間に無害な量といわれてはいますが、長年使用したときの害は証明されていません。また塩素を使うことによって発生するトリハロメタンという有害物質が現代では問題になっています。このトリハロメタンという物質は発ガン性があり人間の内臓などにダメージを与えることがわかっています。また水道水が通る水道管の経年劣化によって錆びが水に入ってしまうような問題も指摘されています。

これらの問題もあり水道水離れがすすみ、ウォーターサーバーなどの安全なミネラルウォーターなどを飲むようになっているのが現状です。地域によっては水道水の新しい浄化システムを(大阪で高度浄化システム)取り入れていますが、問題を解決するには至っていないようです。水は生きてい行く上で欠かせないものですので、現在のウォーターサーバーが口コミで普及していったと思われます。

ウォーターサーバーの業者選び

ウォーターサーバーの導入を決めた方でもどの業者を選ぶべきか悩む方も多いと思います。ウォーターサーバーの業者を選ぶポイントをいくつか説明します。

まず大切なことは自分が住んでいる地域に宅配が可能なのかということ。ウォーターサーバー業者は日本全国に数多くありますが、場所によっては宅配不可能な場所もあります。また離島に住まれている方などは別途宅配料金が必要なこともあります。宅配可能であるかは業者によって違いますので、必ず調べるようにしてください。

次に自分が欲しい水を取り扱っていること。ウォーターサーバーで取り扱われている水は業者によって様々です。ミネラルウォーターから純粋に近いピュアウォーター、硬水など数多くあります。そのなかで自分が必要とする水を取り扱っている業者を選んでください。味覚については人ぞれぞれですので、多くの人がおいしいと言う水でも、人によってはおいしく感じられないこともあります。この場合は水を飲んでみるしかありません。ウォーターサーバーの業者によってはキャンペーンで水を飲むことができるので、その機会に試されてみてはいかがでしょうか。または友人の家などにウォーターサーバーがある場合などは飲ませてもらうというのも一つの手段ですね。人によっては複数のキャンペーンに申し込み飲み比べなどをしている方もいます。

次にメンテナンスのサービスについてです。ウォーターサーバーも機械ですので、突然の故障もないとは言えませんので、メンテナンスや突然のトラブルに対応してくれる業者を選びましょう。このサービスなどがいい加減であったりする場合は見合わせたほうがいいでしょう。自分にあった業者を見つけることは第一歩ですので、あまり妥協せずに探してみてください。

オーケンウォーター、コスモウォーターなどはメンテナンス不要、クリクラ、アルピナウォーターなどはメンテナンスが必要となっています。

ウォーターサーバーのデメリット

水の宅配は数多くのメリットが存在し、現在ではウォーターサーバーが家庭に普及しています。その一方でデメリットが存在することも確かです。導入を検討されている方はぜひデメリットに関しても知っておいてください。

ウォーターサーバーでのデメリットでまず考えられるものが電気代です。ウォーターサーバーは冷蔵庫と同じように常に電気を流している状態です。月々1000円程度電気代がかかる家庭が多いようです。しかしこれは電気ポットを使用したときの半分の電気代といわれます。ウォーターサーバーには温水冷水を使える機能がついていることが多いので、電気ポットを頻繁に利用されるかたにとっては経済的にも優しいといえます。またウォーターサーバーは据え置きタイプ、卓上タイプがあり、卓上タイプは据え置きタイプより小さい分電気代も月々400円ほどしかかかりません。デメリットとは言えるかは分かりませんが、ぜひ知っておいてください。

つぎに場所の問題です。まず設置場所が問題になります。ウォーターサーバーは水を扱う機械ですので不安定な場所に設置したりすると、転倒の際床下浸水などの事故になることもあります。設置する際は安定した場所での設置をお願いします。また使用済みになったボトルの保管場所の問題です。使用が終わったボトルはウォーターサーバーの業者によってはたたんで捨てることもできますが、保管し業者に返さなければならない場合もあります。このボトルの保管場所の問題もデメリットといえます。

このように少なからずデメリットいえるものが存在します。メリットに比べるととても小さなものですが、きになったかたはウォーターサーバーに直接聞かれてみてはいかがでしょうか。もしくは「ウォーターサーバー 口コミ」などで検索してみるといいと思います。

ウォーターサーバーのメリット

現在のウォーターサーバーの一般家庭への普及は数多くのメリットが存在するからと言えます。メリットがなければこれほどまでに普及することはなかったでしょう。ではどのようなメリットがあるのでしょうか。

ウォーターサーバーの最大のメリット言えば、おいしい水を飲むことができるということです。日本は世界的に見ても安全な水道水が飲める国として知られています。しかし現在では水道水の殺菌のためにつかわれる塩素や塩素によって作られる発がん性のあるトリハロメタンの問題などがあります。そのような経緯もあり日本でも水を買うということが日常化されていきました。ウォーターサーバーで取り扱われる水はもちろん塩素消毒されることはありませんし、安全に飲むことができます。

つぎにコスト面ですが、ウォーターサーバーは贅沢品のようにおもわれがちですが、コスト的にも優れていると言っていいでしょう。水道水を日常的に飲まれている方にはお金がかかってしまいますが、定期的にミネラルウォーターのペットボトルを買う方にはコスト的にもウォーターサーバーを導入するほうが安くなることが多いです。ウォーターサーバー本体も多くの業者では無料でレンタルすることができ、有料の場合も月々1000円程度の業者が多いです。もちろんウォーターサーバーを使うことによって電気代はかかりますが水道料金はやすくなります。

このほかにも多くのメリットがウォーターサーバーにはあります。興味があればぜひウォーターサーバーの導入を考えてみてはいかがでしょうか。ちなみに管理人がレンタルしているウォーターサーバーは神戸のウォーターサーバー業者です。

美容と水

人間のどのくらいが水でできているか知っていますか。想像もつかないでしょうが人間の体の60%は水でできているのです。新生児だとその数字は80%まであがります。この数字だけ見てもいかに水が人間にとって大切なものか理解できると思います。老化するということは体内の水分がなくなっていく事なのです。赤ちゃんの肌がなぜあれほど綺麗で艶があるのかは80%の水と聞いて納得されると思います。

水と美容には密接な関係があります。肌があれたり、水分が足りないと感じるのは水分の新陳代謝がうまく行われていないからなのです。血液の90%は水分なので水を良いものにすることによって新陳代謝がよくなり肌の問題が解決することも多いのです。肌にお悩みの方は外部につける薬だけでなく、内部から治すことも考えてみてはいかがでしょうか。

水を直接飲まずにコーヒーやジュースを飲むことによって水分補給をしているから大丈夫と言う方がいいますが、それは美容にはよくないといえます。飲むといっても水ほど多くの量を飲むことはできませんし、糖分が含まれいる場合肌を痛めてしまう結果になることもあります。そして水分補給が少なくなり便秘になり体に毒素が溜まり肌を痛めてしまいます。また水道水の塩素などが血液を汚し肌をいためるとも言われています。

このように水と人間の美容には密接な関係があります。外面だけを気にするのではなく、水によって内面からかえていってみてはいかがでしょうか。

浄水器とウォーターサーバー

浄水器とウォーターサーバーについて比較をしてみましょう。まず浄水器とは水道水を浄化する機械のことです。浄水器には数多くあり、手軽なものでは蛇口につける浄水蛇口や、物によっては何十万もするものまであります。その能力も値段によってかわり、高い浄水器の場合RO水という非常に細かいろ過ができる浄水器のようなものもあります。

浄水器とウォーターサーバーの違いはいくつかあります。何が違うの、と疑問をもたれる方も多いようですが根本的に違うのです。なにが根本的に違うのかというと扱う水が違うのです。浄水器は水道水を扱うのに対し、ウォーターサーバーは天然のミネラルウォーターや純粋に近い水などを使います。元々の水が違うので味の違いもあると言っていいでしょう。

浄水器を使われている方でウォーターサーバーを導入されないのは価格が高いからと言う人が多いのですが、実は浄水器とウォーターサーバーを年間で比べるとあまり変わらないことが多いのです。ウォーターサーバーを利用してかかる値段は水とサーバーのレンタルで年間5万から10万円ほどです。一方浄水器の場合浄水器を3万円ほどとすると、カートリッジ交換などを含めて4万から5万になる場合が多いようです。価格は浄水器そのものによってかなり変わりますが、ウォーターサーバーで扱われている水ほどの安全性を求めるとなると、浄水器自体が何十万もするようなケースが多いようです。

このように浄水器のほうがコストがかからないケースは多いですが、浄水器ではいくつかの問題があるといわれます。この浄水器ではダイオキシンや塩素によって発生する発がん性のある物質のトリハロメタンなどが取り除くことが難しいのです。このような問題もありウォーターサーバーの導入をお勧めします。ウォーターサーバーでは温水冷水をいつでも使えるという利便性にも優れますし、安全な水を飲めるということだけでなく、ミネラルが豊富であったり、おいしい水を飲むことができます。浄水器の買い替えなどを考えてらっしゃる方はウォーターサーバーの導入を考えてみてはいかがでしょうか。

水とダイエット

ダイエットを経験された方は男女を問わず多いと思います。ダイエットする中で水分をとらない人がいますが、それは間違いで危険なことなので絶対にやめてください。

ダイエットをしている中で水分をとらないのは、水を取ると太るという事からだそうです。しかし水にはカロリーがありませんのでいくらとっても太ることはありません。もちろん飲んだ分だけその時点では体重は増えますが、健康な体であれば体内で必要のない水分は汗や尿などによって排泄されるからです。

また私たちは水分を水からだけ取っているわけではありません。野菜やお米、もちろんお味噌汁からなども水分を取っているのです。つまりダイエット中で食事を減らすことは体内に必要な水の摂取も減ってしまうので、その分水を摂取する必要があります。人間の一日に摂取すべき水の量は成人男性で2,300ミリリットルです。夏場の暑い時期や運動をされる方はもっと多くの水が必要となります。また一日500ミリリットル以上の尿がでないと体内に毒素が残って危険な状態になるそうです。

このように水はどんな状態であれ摂取していかなくては生きていけないのです。ダイエット中だからといって水分を控えるのは間違いで、逆に体調不良を起こしたり、最悪の場合死に至るケースもあります。体内の水分が不足すると脳梗塞や心筋梗塞などの病気が起こりやすい状態になってしまうので、十分注意をして水の摂取は必ず十分行ってください。水を飲むことは健康維持にも繋がっているのです。